1/3

​Fundamental Nursing

 医療の高度化、超高齢社会が進む現代において、対象者の希望とニーズを尊重し、対象者が満足いく「生きる」、「生活する」ことを支援する看護職の役割はますます重要になります。
 私たちの教育と研究の基盤は、臨床現場にあります。患者の立場から考えると、同じ時間で看護ケアを受けるのであれば、誰もがより安全で質の高い心地よいケアを受けたいと希望するでしょう。私たちは、看護師が身につけてきた暗黙知、効果があると経験的に実感する実践内容を可視化し、
その有効性を実証することにより、人々に質の高い看護ケアを提供することが実現すると考え、研究に取り組んでいます。また、看護師自身の健康を管理することは患者への看護ケアの安全性と質に影響します。そのため、看護師がいきいきと働くことができる環境を目指して、看護職の健康管理に関わる研究も推進しています。
 総合大学である北海道大学は、異分野連携・産学連携を推進できる環境でもあります。「目の前の患者さんに答えがある」をモットーに、看護の質向上につながる研究・教育を推進することで、臨床現場の問題を解決し、看護学の発展に貢献することを目指しています。